欠損治療 deficit

歯がないと噛む機能が著しく低下する

歯がないことのデメリットは大きいです。噛む機能は著しく低下します。抜けた歯の周囲の歯は、抜けた部分に向かって動いてしまう性質があり、反対側の歯も飛び出してくることもあります。顎堤吸収(がくていきゅうしゅう)といい、顎の骨が溶けていく現象も起こります。見た目も悪く、発音障害もきたすかもしれません。歯を抜けたまま放置することは百害あって一利なしなので、一刻も早く対処すべきです。

入れ歯が合わないというお悩みを抱える患者様はたくさんいらっしゃいます。噛めない、見た目が悪い、着け心地が悪いなど、お悩みは様々です。しかし、諦めることはありません。にしだ歯科医院では、様々な入れ歯をご用意することができます。入れ歯を見直してみることで、生活の質全体が上がることも珍しくありません。

入れ歯について

入れ歯にも様々な種類があります。自分に合った入れ歯を使わずに悩まれる方は多くいらっしゃいます。「入れ歯だから噛めない」と、諦めることはありません。しっかりと噛める入れ歯、食事を楽しめる入れ歯作りをサポートいたします。今の入れ歯が合っていない、歯が抜けたままになっているなど、お悩みのある方は是非ご相談ください。

にしだ歯科医院では、自費・保険問わず、入れ歯の製作や調整のご相談を随時受け付けております。

にしだ歯科医院お勧めの入れ歯

ノンクラスプデンチャー(TUMデンチャー)

特殊なナイロン製の素材でできていて、軽くて強く、金属クラスプ(歯につける留め金の金属)を使用しないので、他人に気づかれにくい入れ歯です。金属床との併用により破損もほとんどありません。

また、弾力性があるため歯肉に対しマッサージ効果が得られるので、口腔内全体にとって良い影響をもたらします。具体的には、顎堤(がくてい)の吸収を緩和することができます。

見た目以上の隠れたメリットは残存歯の保護です。保険の部分入れ歯では金属のバネを自分の歯にかけて支えにします。そのため、金属のバネを使った保険の入れ歯では支えとなる自分の歯に過剰な負担がかかり、悪くなりやすいです。初めて部分入れ歯を入れてから数年おきに支えてる自分の歯がダメになり、義歯は範囲が大きくなるということも珍しくありません。TUMデンチャーではクラスプというバネの部分も特殊ナイロン製のため金属ほど自分の歯に負担をかけることが有りません。そのため、残っている自分の歯に優しいと言えるのです。

顎堤の吸収緩和とは

歯が無くなって歯肉だけになった部分を顎堤といいます。顎の骨が時間と共に、少しずつ顎堤を吸収していきます。このように幅が細くなっていくことを、ノンクラスプデンチャー(バルプラスト)を使うことで緩和することができるのです。金属アレルギーの心配もありません。金属床との併用も可能です。

入れ歯のお悩みは人それぞれです。見た目や噛み心地など、入れ歯に求める内容もレベルも様々です。にしだ歯科医院では一人ひとりにあった入れ歯をご提供できるよう努めてまいります。

ブリッジ治療

ブリッジ治療とは失った歯の両端の健康な歯に橋渡しをするようにして義歯を取り付ける治療方法です。入れ歯同様、保険適用の素材で作成することもできますが、目立つ部位であれば自費の素材を使用し、天然死に近い審美性を持たせることも可能です。詳しくはメタルフリー治療のページをご覧ください。

詳しくはこちら

インプラント治療

インプラント治療については患者様の状態にあわせて、慎重に行う必要があると考えています。インプラントをご希望の際は、来院時にご相談ください。安全で安心できる治療をアドバイスさせていただきます。

お問い合わせ CONTACT お問い合わせ CONTACT

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ! ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ! TEL 095-834-4056 TEL 095-834-4056

TEL 095-834-4056