小児歯科・矯正 pedodontics

小児矯正治療

顎顔面口腔育成治療

当院では、顎顔面口腔育成治療を行っております。これはブラケット装置を使った従来の矯正治療とは異なるコンセプトの治療です。従来の矯正治療は歯並びを良くするという目的で行うものです。一方、当院の顎顔面口腔育成治療においては、良い咬合=良い咬み合わせを得られることを目的としており、さらには、良い呼吸ができるようになることがゴールです。

歯並びが悪いという主訴で来院される患者様の大半は、上下の歯と口を含む、顎全体の前方(水平)への成長が不足しており、下方への成長が増大してしまっています。この現象はダウングロースと呼ばれ、これこそが不正咬合の主たる原因と言えます。そのため従来の歯科矯正治療では数本の永久歯を抜いてきれいに歯並びをそろえますが、Biobloc(バイオブロック)治療およびRAMPA(ランパ)治療では、骨格的に理想的な前方成長を促す治療法であり、歯を抜くことはありません。これは大きな特徴と言えます。

Biobloc(バイオブロック)やRAMPA(ランパ)では患者様に合わせて装置の製作、調整を行いながら、顎顔面にアプローチしていくことで以下のような治療効果が得られます。

鼻呼吸ができる骨格環境づくり

顎顔面口腔育成治療の最大の利点は、質の高い呼吸ができるようになるという点です。舌は上下の歯に囲まれた空間に収まっていますが、空間が狭いことで舌の収まるスペースが不足します。そうなると、舌を下げる、後ろに引くなど、空気の通り道を狭くしてしまうのです。 Biobloc(バイオブロック)やRAMPA(ランパ)では、顔面のゆがみを解消することで、気道という空気の通り道の狭小を解消できる可能性があります。

美しい姿勢が習慣づけられる

鼻呼吸ができれば、自然と顎を引いた正しい姿勢を保つようになります。成長期にこそできる、正しい姿勢を習慣にできる数少ない治療法です。

従来の歯科矯正治療に比べ治療後の後戻りが少ない

後戻りとは、矯正治療後に綺麗にそろえた歯が元の位置に戻ることをいいます。従来の矯正治療では、 ワイヤーによって歯列のみを動かすため、後戻りが起こる可能性があります。顎顔面口腔育成治療では、顎の骨そのものにアプローチし、骨を本来の成長方向に導くため、後戻りが起こりにくいことも大きなメリットです。

こんな症状がある方はご相談ください

人の健康にとっては、歯並びよりも咬み合わせ、呼吸が重要です。Biobloc(バイオブロック)、RAMPA(ランパ)に則った考え方のもと、一生ものの健康を手に入れましょう。以下の症状でお悩みの方はぜひ当院にご相談ください。

  • いびき
  • 寝相が悪い
  • 鼻炎・アレルギー症状がある
  • 唇が乾燥しやすい
  • 姿勢が悪い
  • 笑った時に上の歯ぐきが見える
  • 噛んだ時に下の前歯が隠れる
  • 受け口
  • 口呼吸(お口ぽかん)
  • 歯ぎしり

成人矯正治療

Biobloc(バイオブロック)、RAMPA(ランパ)治療の考え方に則って診断をします。単に歯並びをそろえるだけでは、長期的な健康を考えた時に、予期しない結果を招くことがあります。詳しく検査をしてから治療の適否や治療の方法をご説明しますので、まずはご相談ください。

お問い合わせ CONTACT お問い合わせ CONTACT

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ! ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ! TEL 095-834-4056 TEL 095-834-4056

TEL 095-834-4056